動物看護師として仕事したい!

動物看護士を目指す上で - 動物看護師として仕事したい!

動物看護師として仕事したい! > 動物看護士を目指す上で

動物看護士を目指す上で

動物病院で働く上で動物が好きという気持ちは絶対に必要です。
しかし動物が好きという理由だけでは長く勤めて行けるほど甘い世界ではありません。
ではどんな方が動物看護士に向いているのでしょうか。

1、 忍耐力がある。
2、 責任感がある。
3、 接客が好き、コミュニケーション能力がある。
4、 臨機応変に対応出来る。
5、 細やかな気配りが出来る。
6、 探究心がある。
7、 掃除が好き。
8、 集中力がある。
上記に当てはまるような方は適性があると言えます。
もちろん、すべてに当てはまる必要はありませんが動物病院ではどれも大切になってきます。

動物看護士の仕事は診察の補助・臨床検査・手術の補助・入院動物の看護・調剤・受付・会計・病院内外の清掃・飼育相談など幅広く、一人でこなさなければならない仕事も多いです。
診察時間は午前と午後に分かれていますが休憩時間も手術であったり、往診の助手として付き添うなどほとんど休憩も無く仕事をしなければならない日も少なくありません。
病院に来る動物も小型ばかりでは無く、力の強い大型犬も来院します。
その際に看護士が疲れていたら診察に支障が出てしまいます。

診察内容によっても急に検査や手術が入る事もあり、検査結果によって入院になる事もあります。
獣医師と飼い主さんの会話である程度は予測できる事もありますので、検査で必要なものや入院室の準備などを済ませておくと診察もスムーズに進む事が出来ます。
手術の補助に入った場合、動物看護士がバイタルサインをチェックする事があります。
その時に少しでも見逃してしまうと生命の危機にもなりかねません。
長時間になるとスタッフも疲労が出て来ますが、大切な預かった命の為に自分のやるべき事をしっかりと行いましょう。

動物看護士は治療をすることは出来ませんが大切な仕事として、飼い主さんへ処方食・しつけ・虫歯予防グッズ・歯磨きの仕方などのアドバイスをする事があります。
処方食は動物が食べやすいように次々と改良されて行きます。
フードメーカーが動物看護士向けのセミナーを開催する事もあるので、どんどん参加して新しい情報を手に入れる事が大切です。
しつけは個々で問題行動の直し方も変わって来るので、色々な選択肢を持っておく必要があります。
また病気の知識や薬についても理解しておかなければなりません。
その他には入院看護の知識も必要です。

動物看護士は一見動物相手に見えますが、治療をきちんと進めていく為には飼い主さんとのコミュニケーションが重要になって来ます。
中には気難しい飼い主さんもいると思いますが、誰が相手でも失礼のないように接客をして行きましょう。
そして病院を綺麗に保つ事は病院の印象にも繋がります。
動物の抜け毛が舞ったり、皮膚病の症状によっては体からフケが落ちたり、外部寄生虫が体から飛び降りたりする事もあります。
また血液や糞・尿なども床に飛び散る事があります。
飼い主さんに嫌な思いをさせないためにもこまめな掃除が必要です。
きちんと掃除をする事で院内感染も防ぐ事に繋がります。

以上、動物看護士に向いている条件を書いて行きましたが初めから誰でも出来るようになる訳ではありません。
最初は何も出来ず先輩看護士に言われるがまま働く事も多いと思います。
自分で経験を積んで毎回良かった点・悪かった点をメモすると、次の診察に活かせられるようになると思います。
少しずつで良いので自分で出来る事を増やして行きましょう。

じゃぁどこの学校がいいの??などなどの疑問が生じてくると思います。
そこで便利なのが一括資料請求サイトです。

=>動物看護士の一括資料請求はこちらからぞうぞ

top