動物看護師として仕事したい!

ペットショップで働く動物看護士 - 動物看護師として仕事したい!

動物看護師として仕事したい! > ペットショップで働く動物看護士

ペットショップで働く動物看護士

動物看護士の就職場所に動物病院・ペットショップ・トリミングサロン・ドッグトレーナー・動物関連施設などがあります。
ここでは動物看護士がペットショップで働く為にはどうするべきかを記していきます。

まずペットショップでの仕事内容ですが販売している動物の体調管理・飼育管理、商品の販売・発注・陳列、飼い主への飼育アドバイス、飼育ケージの清掃・消毒、店内の清掃、トリミングサロンが併設であれば犬のトリミング等があります。
ペットショップの採用はアルバイトやパートが多く給料も安い現実があります。
小規模なお店になると福利厚生はほとんど期待できず、休暇も少ないお店が多いです。
資格について国家資格は存在せず、ペットショップ専門の資格というものもありません。
そのためにペットショップで就職するには資格は必ず必要では無く、動物関連の資格を持っていると就職に有利になるという状況です。

ペットショップで取得しておくと良い資格ですが日本愛玩動物協会が認定する愛玩動物飼養管理士やジャパンケンネルクラブが公認する愛犬飼育管理士などがあります。
愛玩動物飼養管理士は通信教育や動物関連の専門学校で学び所定の条件をクリアし試験に合格する事が出来れば取得できます。
愛犬飼育管理士は講習を受けた後に試験に合格すれば取得できます。
特に愛犬飼育管理士については、個人でペットショップやトリミングサロンを経営したりブリーダーとして営業する為に必要な動物取扱責任者の資格を取得する条件項目の一つになってきます。

その他にも民間資格はありますが、その中の資格の一つに動物看護士があります。
動物看護士の勉強には犬猫はもちろんのこと、一般的に販売されているウサギ・ハムスター・フェレット・モルモット・インコなども含まれるために即戦力として働くが出来ます。
トリミングやしつけの授業がある学校もあるので飼い主さんへのアドバイスもし易いです。
接客に必要な正しいマナーについても学校の授業で習う所がほとんどなので、積極的に接客をする事が出来ます。
ショップによっては採用条件に資格があるお店もあります。
将来自分で経営したいかにもよりますが、自分の希望する会社に採用される為にも役立つ資格は取得しておくと良いでしょう。

これら全体的な事をみても動物看護士はペットショップで知識を生かして働く事は出来ます。
動物業界は働くには厳しい職場が多いですが、本当に動物が好きでペットショップの店員になりたい場合はやる気と忍耐が必須になります。
生態販売の責任も重く、色々なお客さまが来店するために接客する事が大変な時もあると思います。
厳しい条件の中で店員として働いて行けるのかをよく考えた上で就職に臨みましょう。

じゃぁどこの学校がいいの??などなどの疑問が生じてくると思います。
そこで便利なのが一括資料請求サイトです。

=>動物看護士の一括資料請求はこちらからぞうぞ

top