動物看護師として仕事したい!

動物看護士はどんな所で働けるの? - 動物看護師として仕事したい!

動物看護師として仕事したい! > 動物看護士はどんな所で働けるの?

動物看護士はどんな所で働けるの?

動物看護士の専門学校ではあらゆる動物に対応するために犬・猫だけでなくウサギやハムスター・海洋動物・鳥類などの授業があり、動物看護士の資格以外にもトリマーやドッグトレーナーなどの資格も取得する事が出来る学校もあります。
動物看護士の資格を生かした就職先はいくつかあります。

1、 動物病院
動物看護士と聞いてまず思い浮かぶ仕事は動物病院が多いと思います。
動物看護士の資格は国家資格ではありませんが、将来国家資格にするためのステップとして民間団体が協力して「認定動物看護士」の資格が発足されました。
動物病院の求人を見る限り資格は必ずしも就職に必要という訳ではありませんが、将来を見据えて取得しておくことをお薦めします。
動物病院では主に獣医師の診察の補助・病院の受付・検査・調剤・手術の補助・入院動物の看護などの仕事を行います。
病院によって動物看護士が出来る仕事の範囲は異なって来ます。
就職してもすぐに学校で習った知識を役立てられる訳では無く就職してから現場で学んで行く事の方が多いです。

2、 トリミングサロン
動物看護士の授業の一環で犬のグルーミングがあり、実際に犬の毛をカットするための道具を個人で購入する学校もあります。
トリミングサロンは個人で経営していたりペットショップや動物病院に併設している所もあります。
犬の毛のカットは長年の経験が必要です。
トリミングサロンの求人は決して少ない訳ではありませんが、どうしてもトリマーの専門学校生を優先され動物看護士の専門学校は就職しづらい事もあります。
トリミングサロンで就職した場合はすぐにカットをさせて貰える訳では無く、掃除などの雑用や爪切りなどの初歩から始める事になり続けるには根気が必要な職種になります。

3、 ペットショップ
近年のペットショップは犬・猫・鳥類・魚類・小動物などの様々な珍しい動物が販売されていて、売る側にも高度な知識が必要になって来ています。
動物看護士の専門学校ではあらゆる動物に対応するための授業があり、学校での知識を生かすには良いと思います。
ペットショップでは販売動物のお世話や毎日の体調管理・犬舎の掃除・飼育方法の説明・しつけ教室・トリミング・取り扱いグッズの説明・フードのアドバイスなどのお仕事があります。
売られている犬や猫はほとんどが生後3カ月位から生後半年くらいまでの月齢です。
その為に毎日の体調管理は非常に大切になって来ます。
ただの販売員ではなくこのお客さんにはどんな動物が向いているのかなどのアドバイスが出来るよう、就職してからもしっかりと勉強して行きましょう。

この他にはドッグトレーナー、ペットホテル、動物関連施設、ペットと一緒に泊まれるホテル、各種動物と触れ合えるカフェ(例えばドッグカフェなどです)などがあります。
動物看護士の資格は動物全般の事を学ぶので動物関連で働く場合、知識の基盤になります。
動物業界はどの職場も根気と努力が必要ですが自分のやる気と努力次第で職種の幅も広がると思いますので、動物看護士の資格を生かして頑張りましょう。

じゃぁどこの学校がいいの??などなどの疑問が生じてくると思います。
そこで便利なのが一括資料請求サイトです。

=>動物看護士の一括資料請求はこちらからぞうぞ

top